BOALEの防災対策

防災対策の必要性

日本は地政学的に自然災害が発生しやすい国です。火災や事故など身近で発生するものから、風水害や地震など広範囲に影響が出るものまで様々です。
それらの災害に備えていくのは、役所や警察・消防、自衛隊といった行政機関だけなのでしょうか。
自助は個人や家庭での備え、共助は地域社会や企業の備え、公助は行政機関の備え。「自助・共助・公助」という三本の柱で災害に備える、それが重要です。
そのために私たちは何が必要なのでしょうか。
まずは(1)ケガをしないこと、次に(2)日常の生活をし続けるための生活設計、そして最も重要なのは(3)一人ひとりの災害に対する心構えや気づきの鍛錬です。