幼稚園の関係者の方へ

幼稚園と保育園の防災対策のポイント

幼稚園や保育園など保育施設の防災対策を進める上で、まず前提で確認すべきことは、園が抱えるリスクはどのようなものがあるかを知ることです。
低地にあるのか、周辺の建物は不燃化が進んでいるのか、地盤はどうなのか。このような情報は市役所などが作成している「ハザードマップ」を確認することで分かります。例えば都心三区にある多くの園では、ビルやマンションが増えているため、大規模な延焼火災は発生しづらいでしょう。一方で荒川が決壊した場合には低地にあるため、1階部分が使ってしまうほどの高さで浸水する危険性があるといったことです。

園では通常の防災訓練として、避難訓練を行うことが多いと思います。
しかしながら、火災や地震、風水害など災害の種類によって対応は変わります。
「どのような災害が起きて、その避難を行うのか。」イメージをもって訓練に臨むことがとても重要です。

会員登録のご案内

BOALEでは会員登録していただくことで、幼稚園や保育園利用できるポスターのダウンロードや、会員専用のメルマガなどをご利用いただけます。
BOALE会員の新規登録もこちらからお願いします。